renew
の想い

ブランド写真

エシカルな製品だから、環境を意識した製品だからではなく、
純粋に作品そのものの美しさで選んでいただけるよう、1つ1つの作品づくりにこだわっています。

手紙の写真

インタビュー

海で拾われたプラスチックを、アクセサリーという身近な物に生まれ変わらせる。
山下さんの活動を通じて、サステナブル業界自体の循環のあり方が見えてきました。

ここは、作り手の「こころ」が覗ける場所。

参加者

馬場の写真

Eris 馬場

山下さんの写真

renew 山下

馬場の写真

– Eris 馬場

renewがつくる「モノ」について教えてください。

山下さんの写真""

– renew 山下

海洋プラスチックをアップサイクルし、ピアスやブレスレットなどのアクセサリーを制作しています。プラスチックは主に鎌倉(由比ヶ浜)及び藤沢(片瀬海岸)で採取しており、現在は3つのビーチクリーン団体の運営に携わっています。また街中ではアクセサリーワークショップを実施し、地球や海の現状を知りアクションを起こすきっかけ作りも行っています。

エシカルマルシェ出店の様子
馬場の写真

– Eris 馬場

近年いろいろな環境問題が取り上げられていると思います。その中でも、なぜ海洋プラスチック問題に目を向けられたのでしょうか。

山下さんの写真

– renew 山下

今の活動を始めたきっかけは、レジ袋の有料化でした。
実家がプラスチック関連の会社を営んでいることもあり、プラゴミ問題にはもともと関心があったんですよね。
まずは行動してみようと、近所のゴミ拾いから始めてみました。
そこで、街に溢れたゴミ問題をもっと知ってもらおうとSNSで発信していたところ、ビーチクリーンの活動をしている方と繋がり、ビーチクリーンを通して海のプラごみ問題の深刻さを知ることになりました。

ビーチクリーンの様子

由比ヶ浜のビーチクリーンをする山下さん

馬場の写真

– Eris 馬場

ビーチクリーンだけでなく、プラごみのアップサイクルまで取り組んだのには何か理由が?

山下さんの写真

– renew 山下

ビーチクリーンを通して海洋プラ問題をもっと知ってもらおうと活動していたのですが、ビーチクリーンに来てくれる方は、もともと環境問題に興味関心がある方ばかりです。
関心のない方や海にあまり来ない方にも現状を知って欲しい、その入り口としてアクセサリーを作り始めました。
ビーチクリーンは海でしかできませんが、アクセサリーであれば街中でも想いを伝えることができます。
レザークラフトを趣味でやっていたので、ハンドメイドに抵抗がなかったのもありますね。

プラスチックをアイロンがけする様子

商品制作の様子

馬場の写真

– Eris 馬場

海から遠い街に住んでいても、アクセサリーが海の現状を知るきっかけとなっていいですね!
仕事をしながらお一人でブランドを続けるのはそう簡単なことではないと思います。原動力はどこにあるのでしょうか?

山下さんの写真

– renew 山下

普段は全く異なる業界で仕事をしているのですが、だからこそ続いているのかなと思います。趣味の延長線上のような感じですね。
現在はマルシェなど対面での販売をメインに行っているのですが、お客さんの顔が見えるというのも原動力の1つです。次に会う時までにこういうものを用意しておこう、といった些細なやり取りがモチベーションになっているのかなって。

エシカルマルシェ出店中のブース

マルシェ出店中のブース

馬場の写真

– Eris 馬場

実際にお客さんとコミュニケーションがとれるのはマルシェならではですね。

山下さんの写真

– renew 山下

あと個人的には、「ストレスになるくらいならやらない」ということを意識しています。
日々の暮らしにおいて、全てを環境に配慮して生活するのは難しいですよね。嫌になってやめてしまうより、続けていくことが大事だと思うんです。だからこそ、それぞれの無理のない範囲で続けていく、これでいいんじゃないかって。

ビーチクリーン団体Tsunagite

山下さんが携わるビーチクリーン団体「Tsunagite」

馬場の写真

– Eris 馬場

義務的な環境配慮は続かないと私も思います。楽しんでやっちゃおう!くらいがちょうどいいのかなと。

renew、そして山下さんの今後の展望は?

山下さんの写真

– renew 山下

海のゴミ問題以外にも、伝えていきたいことがもう一つあります。
あらためて、もっと「物」を大切に使うべきじゃないかということです。
今は海洋プラスチックを使ってアクセサリーを作っていますが、その海洋プラも元々は自分たちが使っていたもの。当然のことですが、適切に捨てられていれば、アクセサリーは作れていません。これをどのように伝えていくかは、今まさに模索しているところです。

ビーチ プラスチック ビン

アクセサリー素材となる海洋プラスチック

モノ

 

海洋プラスチックをアップサイクルしたアクセサリー海への想い

 

 

リンク

その他の想い